SSP シンワ サウンド プロダクト

お問合わせ
買い物カゴ
Sinwa Sound Product

コンセプト
concept

コントラバス-1

チェロやコントラバスは
クラシック音楽に欠かせない古くからある楽器であり、その造りはほぼ完成された領域にあると思われます。

しかし長年使われてきたモノには必ず経年変化(劣化)があります。
木の柔らかさや硬さがハイレベルで融合し製作時よりも素晴らしい音色を出せる楽器もあれば、音がコモリ気味になってしまい気持ちのいい音色が出せなくなっている楽器も多くあるのではないでしょうか。

例えば楽器を支えるソケットにおいて、エンドピンのガイド穴となるブッシュ部分がヘタったり、ガタが大きくなったりして繊細でレスポンスの良い音を表現するのに障害となったりしているのが現状だと思います。
そもそもいつまでコルク製のブッシュをソケットに使うのでしょうか。
振動の伝達ロスがこの部分で大きく発生しないでしょうか。
仕方のないことですか?
コクタン(エボニー)の削り出しソケットが本当にベストなチョイスなんでしょうか。
金属加工技術が未熟な時代に、できるだけ硬い木材ということで使われていただけではないですか?
エンドピンやソケットは単に楽器を支える役目だけを担っているわけではないのです。
もっと高い技術と設計で作られた高品質なソケットがあってもよいのでは?
高価な弦をお使いになられるのも良いですが、エンドピンソケットにも注目してみてください。
貴方が今使っておられるソケットは本当に"最高のモノ"ですか?

使い勝手においても数百年前の構造が大きな進化のないままになっています。
エンドピンのミゾ位置を探りながら横からネジを締め付けて固定する単純な構造。

「こういうものだから仕方ない…」と妥協していませんか。

貴方の楽器はホントはもっと素晴らしい音が出せるんじゃないですか?

-SSP- Sinwa Sound Productの誕生

音質を更に向上させ、便利さと快適さを兼ね備えた文句なしの”最高の製品"を使ってもらいたいとの熱い想いからSSP(Sinwa Sound Product)は誕生しました。

SSPの母体は新和精工という日本で3世代に渡って続く精密部品加工会社です。
日本品質、日本のモノづくりを長年支えてきた職人チームで様々なパーツを世に送り出してきました。
人命に関わる重要な部品を1000分の1ミリという精度で管理しながら、お客様に安定供給している会社です。

そしてそのモノづくりの技術ノウハウとアイデアが、コントラバスのソケット・エンドピンを新しく生まれ変わらせました。
音楽を愛する方々の希望と我が社の技術が融合してカタチになったのです。
いつまでも高価な楽器が本領発揮できていない状況を看過することはできません。

試作を繰り返し、自社スタジオで徹底的にテストし、さらにプロのミュージシャンや講師の方々、音響の専門家、コントラバス専門のお店に協力していただき、よりユーザー様に満足してもらえるよう地道に研究・開発してまいりました。
ここまで品質に拘ったソケットとエンドピンは"業界史上初の最高品質製品"であると自負しております。

ソケット

粗悪品が出回らないよう二つの製品が持つオリジナル構造("クリックシステム搭載ソケット""スリップオンシステム搭載エンドピン")は特許取得済みで完全SSPオリジナル製品となっています。
簡単に真似のできない設計と品質ですが、後悔されない為にも決して疑似製品には手をださないようお願い申し上げます。

目指すところは日本発の"世界標準"であります。
コントラバス・チェロのあるところに"SSP在り"です。

ぜひSSP製品を手にしてみて下さい。

「なぜ今までこういうモノがなかったのか…」

そう呟いてしまうような製品をSSP(Sinwa Sound Product)は提供しています。

ソケットセット

ページトップへ戻る